スキンケアの基本は洗顔料です。それぞれの特性を理解して自分に合った製品を選びましょう。

正しい洗い方で美肌を保つ

洗顔

キメ細かい肌を守るコツを知っておこう

洗顔の役割は、メイクやほこりなどの汚れを落洗い落して、肌を清潔に保つことです。できるだけ肌に刺激を与えないように、丁寧に洗うことが重要です。洗顔の前には、必ずメイク落としをしておきます。あらかじめターバンなどで髪をまとめて、顔を濡らしておきます。洗顔料は様々な種類があるので、肌の状態や目的に合わせて選ぶと良いでしょう。洗顔フォームやパウダーは、手のひらで泡立てて使います。水と空気を上手に混ぜながら泡立て、しっかりしたと泡がたってきたら、顔を包み込むように洗っていきます。この時の泡の固さは、逆さにしても落ちてこない程度のボリュームが理想的です。洗う順序は、あぶらっぽいTゾーンから始めるのが良いでしょう。初めに鼻からあごにかけてを洗い、次に額と頬を洗っていきます。洗い方は、ゴシゴシと力を入れてしまうと肌に負担をかけてしまうので、赤ちゃんの肌を扱うようにやさしく洗うのがおすすめです。すすぎは丁寧に、特に生え際や小鼻のわきなどは洗い残しのないように確認しながらすすいでいきます。オイルスキンの方はぬるま湯で、乾燥肌の方は水や十分冷めたお湯を使うと良いでしょう。タオルでガシガシと拭くのは厳禁、そっと肌に押し当てる感じで、水分をタオルに移します。極力摩擦を避けることが、キメ細かい肌を守るポイントになります。正しい洗顔で汚れをしっかりと落としたら、次に、肌の水分を補うための保湿ケアをしていきます。化粧水や乳液で保湿のケアをしていきますが、洗ってすぐの迅速な対応が大切です。化粧水はなるべく手のひらで肌になじませ、乾燥しがちな部分には乳液やクリームの重ねつけをしましょう。